2018 小さき花の園バザー 11/3(土) - 聖園だより|聖園女学院中学校・高等学校

聖園女学院中・高等学校

聖園だより

2018 小さき花の園バザー 11/3(土)

ボランティア活動報告の更新がなかなかできず、申し訳ありませんでした。

10月も13日(土)に子供の家、29日(月)に小さき花の園と活動をして参りました。その一部をご紹介いたします。

1029c.jpg1029b.jpg

10月29日はハロウィーン直前ということもあり、飾り付けの中いつも通りバルーンのアクティビティで利用者の方々とコミュニケーションをとることができました。また、アクティビティ前に施設の方から「てんかんとひきつけの違いについて」教えていただきました。

10月29日(月・自宅学習日)の感想です。

「今回の活動で、てんかん発作について知ることができました。私はてんかん発作という言葉を始めて聞きましたが、そんな病気を持っている方が、日々の生活の中で約100人に1人病気を持っている人がいるのだということに驚きました。今後もし発作を起こしている方に会ったら、今回教えていただいた様な対応を落ち着いて取れたら良いなと思います。 今回はムーブメント活動前に利用者さんとのコミュニケーションをとる時間がありました。前回まで何をどうしたら良いのか分からず、あまり声をかけられていませんでしたが、今回はスタッフの方の対応を参考にし、どう行動すれば楽しんでもらえるのか、相手をよく観察すること、笑顔で接することなどを学ぶことができたので、今後の活動でも活かしていければと思います。」(高2)

ボランティア活動を通じて大きく成長してくれていることを頼もしく思います。今後もよろしくお願いします。

11月も引き続きボランティア活動を続けていきたいと思います。

昨日(11月3日)は、一日「小さき花の園バザー」でした。午前9時の準備から始まって午後2時半の片付けまで。日用品がほとんどですが、中には施設利用者の方々が手作りの品もありました。5年かけて作ったというウサギのビーズのネックレスが売れたときはとても感動しました。

昨日の感想です。

「バザーを通して、入居者の方々とさらにコミュニケーションを取ることができました。お金を入居者の方が受け取りやすいようサポートをしたり、入居者の方がお釣りをお客さんに渡す時、1枚ずつ数えながら渡すことなど入居者の方のサポートを学ぶことができました。今後さらに入居者の方々とコミュニケーションを通し多くのことを学んでいきたいです。」(高2)

利用者の方々が、時間をかけてお金を受け取ったり、おつりを渡したりする時にとても嬉しそうにしていたのが印象的でした。

IMG_0745.jpg

IMG_0748.jpg

カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
このページのトップへ
個人情報保護方針 サイトマップ
聖園女学院中学校・高等学校
〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1-4 TEL:0466-81-3333