Misono 2003年 9月号

 夏休みも終わり、
後期が始まりました。

聖園では、
9月1日を静修の日とし、
ミサと講話で心静かに
新学期を迎えます。

時間をかけて準備してきた
聖園祭が行われましたので、
その様子もご覧ください。

9月号目次

静修の日のミサ 9月1日(月)
静修の日 講話 9月1日(月)
聖園祭 9月20日(土)
高校3年生 ファウスト 9月30日(火)



静修の日のミサ




松本 巌 神父様

落ち着いた心で、
ミサにあずかることが
できました。

第一朗読


ローマ 5章 1節〜10節
 わたしたちは、わたしたちの主イエズス・キリストによって神との平和を得て
います。わたしたちは、このキリストのおかげで、今そのうちにある恵みの状態
に、信仰によって立ち入ることが許されました。神の栄光にあずかる希望を誇り
にしています。そればかりでなく、苦難さえ誇りにしています。苦難は忍耐を生
み、忍耐は試練にみがかれた徳を生み、その徳は希望を生み出すことを知ってい
ます。この希望はわたしたちを裏切ることはありません。わたしたちに賜った聖
霊によって、神の愛がわたしたちの心の中であふれ出ているからです。
わたしたちが神の敵であったときでさえ、おん子の死を通して再び親しい間柄に
させていただいたのですから、わたしたちがおん子の命によって再び親しい間柄
にさせていただき、救われるのはなおさらのことです。

トップへ



静修の日 講話

 すべての人の平和を祈り
        すべての人の平和を願う 

御ミサに引き続き
松本神父様の御講話を
伺いました。
神父様がギターを弾いてくださり、
皆で一緒に歌いましたね。
   ◇違うものがいるということが
     ありがたいと感じられたら、
すてきなことです。

◇私だけのオリジナル、
   私だけのスペシャルを
     発見できるとよいですね。

トップへ



聖 園 祭

第37回聖園祭のスローガンは
一番星☆です。


9月20日(土)は待ちに待った聖園祭でした

2日間予定していた聖園祭でしたが、
21日(日)は台風接近の恐れがあったため、
中止とさせていただきました。


一日だけでも二日分の思いを皆で表現しました。


「一番星☆」は、文字通り一番最初に輝きだす星です。
聖園生一人ひとりがリーダーの意識をもって、
最後まで全力を尽くし、責任を果たす輝く星になりましょう!

【ほんの一部ですが、ご紹介します!】
各教室の催し物
美術部 書道部 手芸部
写真作品の展示は
興味深いものでした
力強さと繊細さが
あふれています。
かわいらしい世界を
創り上げていました。
茶道部 社会福祉部 軽音楽部
落ち着いた空間で
豊かな時を過しました。
手話・点字などを中心に
活動しています。
それぞれのバンドが
個性的な演奏をしてくれました。

中3学年参加
京都・奈良研修のまとめなど
皆で協力した結果です。

飲食団体
クレープ、カレー、綿菓子、うどん、サンドイッチなど
どれもおいしかったね!!

講堂
演劇部 Classical Harmony
"Reon Park"を
上演しました。
キャストもスタッフも
頑張りました。
高2・高3の
音楽選択者
による発表です。

体育館
バレーボール部
招待試合を行いました。
声援を受けながら
日頃の練習の成果を
ご覧いただきました。

その他
お父さんの
焼きそば屋さん
お母さんの
クッキー屋さん
間夜祭
毎年恒例になりました!
お父さん達が
頑張ってくださいました。
お母さん達と生徒達が
協力してクッキー・ガレットを
販売しました。
歌、ゲームなどで
非常に盛り上がった
間夜祭です。
制服リサイクルの会 テレサ会 入試相談コーナー
体の成長や卒業により
着られなくなった制服を
「私からあなたへ」
リサイクルする活動です。
お母さん達が活動する
ボランティアの会です。
聖園子供の家やベビーホームで
お世話をなさっています。
保護者の方と先生方が
入試や学校生活について
相談を受けました。

ご紹介したほかにも
たくさんの展示・公演をいたしました。

雨でお足元の悪い中を
ご来校いただいた皆様、
ありがとうございました。


また来年のお越しを
心よりお待ちしております。


トップへ


高校3年生
ファウスト

聖園祭2日目に予定していました
高校3年生によるダンス「ファウスト」です。

30日(火)6校時の授業終了後、
特別に時間を設けて、
中1から高2までの生徒たち、
保護者の方々、先生たちの見守る中
練習の成果を披露しました。

途切れることなく続いてきた
聖園女学院の伝統の一つです。
122名が心をあわせて踊りました。

青空の下、
生徒代表の挨拶も
とても感動的でした。

いつの日か
すべてが思い出に
なることでしょう。


トップへ