2020年4月アーカイブ - 聖園だより|聖園女学院中学校・高等学校

聖園女学院中・高等学校

聖園だより

校長の声『神の恵み』

 2018514日の校長の声『早起きは三文の得』*1では「愛人如己」という、「愛の掟」を表す四字熟語を紹介したが、今回はこの掟と「神の恵み」との関係について話すことにした。何故かというと、聖書の中で1番重要な「愛の掟」は決して一方的な命令ではなく、「神の恵み」とワンセットとなっているからである。つまり、愛の実施に欠かせないのは神の恵みである。

 ところで、この恵みはどういう形で私達に届くかを予測するのは極めて難しい。必要に応じて私達が注文できるものではない。むしろ、聖書が語る神の恵みの話を聞いて「えっ?」という反応も十分あり得る。「わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい。」という、イエスの厳しい要求に続く説明は1つの具体例となる。「あなたがたの天の父の子となるためである。父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださるからである。」*2

 分け隔て無く全ての人をご覧になるのは流石に神の働きではあるが、ホワイトクリスマスに欠かせない雪を、今年満開の桜、そして聖園の庭で春を待っていたイースターバニーに降らせてくださったことに感謝の気持ちを直に現すのはそう簡単にできることではないであろう。

K37-1.png

 やはり、神の恵みが色々な形で私達の所に訪れてくることに気づくためには(昨年から聖園女学院の方針を表すキーワードに含まれている)「見つける力」は必要である。

 雪の中で寒い思いしている桜とイースターバニー、そしてコロナウイルスの対応で悩んでいる私達にこの見つける力は既に供えられているに違いないけれど、私達がそれに気づくことこそ神の恵みだ、と私は思う。

*1 https://www.misono.jp/news/2018/05/post-286.html

*2 マタイによる福音5章44節~45節

オンライン合同説明会に参加しています

私立中学校『オンライン合同説明会』(中受ラジオ)に、聖園女学院も参加しています。
合同説明会が相次いで中止となっていますが、多くの学校の情報を得られる受験サイトですので、どうぞご覧ください。
詳細はこちら → https://www.jhschool.site/ よりご確認ください。

「第10回 TWICE AWARD」 グランプリ受賞!

以前も掲載したTeam Project Work(TPW)の取り組みですが、全校発表にて選ばれたチームが、学校代表として全国大会に挑みました。今回は新型コロナウイルスの影響で、大会は開催されず映像審査となりましたが、聖園からエントリーしたチームがたくさん賞をいただきましたのでご紹介します。(2019年度の学年です。)

「人間ドキュメンタリー部門」
 (さまざまな分野で活躍した人の人生を題材に、「人間ドキュメンタリー」をつくる)
 
 グランプリ受賞 中学2年生「聖園坂73」
  長谷川町子さんをロールモデルとして取り組み、「サザエさん」の秘密や長く愛されている理由など
  について考察しました。また、「サザエさん」を通して長谷川町子さんが伝えたかったメッセージに
  ついて考えてみました。

聖園坂732.JPG

 《審査員の方からいただいたコメント》
  ・「サザエさんがなぜ長い間愛され続けたのか?」に着目し、説得力のある結論を自分たちで考え抜
   いた点が大変すばらしかったです。
  ・髪型や登場人物のプチ情報などを伝えてくれたのも、見る側を楽しませる工夫にあふれ、表現力の
   高さも際立っていました。


「企業インターンワーク部門」
 (日本を代表する企業の「インターン」として、課題解決に取り組む)

 優秀賞受賞 中学3年生「MACHI cafe」
  LAWSONのインターンとして、活動内容や企業理念、スローガンなどを踏まえたうえで、「すべて
  のお客様レコメンドNo.1になるために自分の住むマチと企業がコラボしたPRイベントを企画・提案
  すること」という指令に取り組みました。オリジナルキャラクターの動画やクイズなどで、楽しく分
  かりやすい発表を心掛け、実践しました。

MACHI2.JPG

「グローバルリサーチワーク部門」
 (今、地球で起きていることを徹底的にリサーチ&ディスカッションして、世界に発信する"グローバル
  リサーチレポート"を作成する)

 グランプリ受賞 高校1年生「HERO」
  「平和と企業や団体の関わり」をテーマに掲げ、児童労働に注目しました。児童労働の現状やそれを
  なくす取り組みを行っている団体や企業の活動について考察し、自分達のどのような行動が児童労働
  者の助けになるのか、果ては、自分達が平和な世界を作っていくためにどのようなことを心掛け、行
  動に移したらよいのか考えました。

HERO2.JPG

 《審査員の方からいただいたコメント》
  ・発表の最後に「誰もが平和のためにできることがたくさんある」と多くの選択肢を投げかけ、この
   プレゼンをとおして意識の変化だけでなくアクションを起こすことまでを狙っていました。調べる
   だけでなく、世の中を身近な一歩から変えていく「提案・巻き込み型」の力強いプレゼンテーショ
   ンでした。

 準グランプリ受賞 高校1年生「ちくわマヨネーズ」
  「命と教育の関わり」をテーマに掲げ、日本の教育と発展途上国の教育を比較しました。貧困の連鎖
  などの現状に気づくとともに、さまざまな支援団体の活動に触れ、教育は貧困で苦しむ人々を救う可
  能性を持っていること、「命」を守るために教育が不可欠であるという結論を導き出しました。

ちくわ2.JPG

 《審査員の方からいただいたコメント》
  ・自分たちは目の前の勉強をしっかりやることが将来役に立つといった素晴らしい結論に導きまし
   た。
  ・「知識は国籍や性別、宗教の壁を超える」「多くの事実を知り、目を向けることで問題は解決でき
   る」というメッセージは、「なぜ教育が必要なのか?」という問いに本質的な答えを導き出してい
   ると感じました。


 優秀賞受賞 高校1年生「カオピタ」 
  「平和と文化」をテーマに掲げ、世界幸福度ランキングに基づき、メンバーの1人であるフランス人
  留学生の意見も参考にして世界と日本の幸福の捉え方や文化の違いについて考察しました。また、ポ
  ジティブ幻想がもたらす影響についても調べました。お互いの文化や考えを大切にし、認め合い尊重
  し合うことが平和に近づく第一歩であることを再認識しました。

カオピタ2.png

【再放送決定】NHK「ダーウィンが来た!」に聖園生登場!

4月11日(土)16時30分より、聖園生が出演する「ダーウィンが来た!」が
再放送されます。ぜひご覧ください。

=以下、過去の記事の再掲載です=
ごきげんよう。
3月15日のNHK総合「ダーウィンが来た!」に、聖園生が出演しました。
取材をしていただいた時の様子をご紹介します。
撮影HP.jpg

打ち合わせHp.jpg

はしごHP.jpg


《過去の記事を再掲載します》
ごきげんよう。
NHK総合「ダーウィンが来た!」に、本校美化委員会の
生徒が出演します。
2020年3月15日(日)19時30分~、ぜひご覧ください。
DSC09952.jpg

美化委員会は「令和元年度 第54回 全国野生生物保護実績発表大会」にて
シジュウカラについて発表し、奨励賞をいただきました。
IMG_1112.JPG




大学合格状況(2020年4月)

ごきげんよう。
2019年度の大学合格状況を速報でお知らせします。
2020桜咲く.JPG

《国公立大学》
・筑波大学 1名
・横浜市立大学 1名
・神奈川県立保健福祉大学 1名
・兵庫県立大学 1名

《私立大学》
・上智大学 6名
・東京理科大学 2名
・明治大学 4名
・青山学院大学 3名
・立教大学 4名
・中央大学 2名
・法政大学 3名
・学習院大学 1名
・明治学院大学 4名
・日本大学 6名
・専修大学 4名
・國學院大學 2名
・玉川大学 3名
・東海大学 5名
・帝京大学 10名
・津田塾大学 1名
・東京女子大学 2名
・聖心女子大学 3名
・昭和女子大学 5名
・麻布大学 4名
・関東学院大学 5名
・北里大学 2名
・順天堂大学 2名
・昭和音楽大学 1名
・聖路加国際大学 1名
・多摩美術大学 1名
・東京農業大学 6名
・東京薬科大学 1名
・同志社大学 1名
・日本赤十字看護大学 1名  
 他(既卒生含む)

第75回 入学式

立て看板.JPG

昨今の感染症の影響が心配される中、式次第を変更しての挙行となりましたが、無事に75回生を迎えることができました。
新入生,保護者,教員それぞれ間隔をとり、マスクの着用にて実施しました。

クラスの確認と記念撮影
クラス発表.JPG
記念写真.JPG

教室で入学式の流れを確認
クラスメイト、担任の先生と初めて顔を合わせました
HR1.JPG

沢山の拍手に迎えられての入場
入場.JPG

担任の先生に1人ひとり名前を呼んでいただきます
呼名.JPG

校長先生からの励ましのことば
励ましのことば.JPG

在校生からの歓迎のことば
歓迎のことば.JPG

最後に75回生心を合わせ、「入学生誓いのことば」
誓いのことば.JPG

教室に戻って、連絡事項を聞きます
緊張がとけてホッとした表情が印象的でした
HR2.JPG

75回生のみなさん、これから始まる聖園での生活を元気に楽しく、そして自分らしく過ごしてください。

4月7日 入学式実施について

4月7日(火)の入学式は、予定通り実施いたします。
時間などは、3月にご家庭に郵送した資料をご確認ください。
4月に郵送した葉書の内容もご覧ください。

真新しい制服に身を包んだ新入生の皆さんにお会いするのを
楽しみにしています。
IMG_4770.JPG

2020年度 始業式

4月6日(月)、2020年度の始業式を行いました。
感染リスクを回避するための分散登校、放送での始業式、新学期を迎えるにあたっての最低限の連絡と準備のみで下校としました。(生徒には事前にマスク着用と検温の実施を伝えてあります。)
それでも生徒は新しいクラス、新しい先生を楽しみに元気に登校してくれました。久々に生徒の声が響くいつもの聖園でした。

新しい教室で、担任の先生からの連絡事項(高2)
HR.JPG

iPadが新しくなりました
新しいiPad.JPG

データの移行をします
移行作業①.JPG

生徒はサクサクと......
移行作業②.JPG

図書館では教科書の販売(高1)
教科書①.JPG

順番待ちも間隔をあけて
図書館前.JPG

こちらは身分証明書の写真撮影の列、前ならえでスペース確保(高3)
写真列.JPG

今日は以上の3つの内容を学年ごとに時間差で行いました。

この先、生徒は自宅で各教科から出された課題等に励みます。
通常登校となるまで生徒も学校もできる事を積み重ねていきます。

「道の作文コンクール2019」で賞をいただきました

ごきげんよう。
「道の作文コンクール2019」中学生の部で、
74回生(新中学2年生)の14名が賞をいただきました。
《聖園女学院 入賞者》
・神奈川県知事賞 1名
・神奈川新聞社賞 1名
・銀賞      5名
・入選      7名
2020年3月30日(月)の神奈川新聞に、入賞者氏名と作品が紹介されました。
(クリックすると、拡大します)
県知事.png新聞社.png《2020年3月30日(月)神奈川新聞8面・9面より》
※神奈川新聞社に無断で転載することを禁じます。

今後、校内表彰を行う予定です。
IMG_4723.JPG






カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
このページのトップへ
特定商取引法に基づく表示 公益通報 プライバシーポリシー サイトマップ
聖園女学院中学校・高等学校
〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1-4 TEL:0466-81-3333