聖園女学院中・高等学校

施設紹介

航空写真を見る
83,000㎡の広大な緑に囲まれた聖園女学院

ここでみなさんは、きっとすばらしい時を過ごすことができるでしょう。
西には美しい富士山、南には湘南の海に浮かぶ江ノ島を望む絶景の地、聖園の地。
かわいい野鳥たちがさえずり、四季の草花が咲きこぼれる丘陸地です。

緑豊かな校地と地球温暖化対策の推進

本校は神奈川県の中央を南に走る高座丘陵の最南端に位置する自然豊かな83000㎡の校地を有しています。校地の7割は未開発のままで、神奈川県の鳥獣保護区と共に藤沢市の保護樹林の指定区域にもなっており、四季折々の変化の様子を見ることが出来ます。

最近の聖園の自然を見る

理科では中学1年生の授業に校内の自然観察が組み込まれ、自然の中から発見し、学ぶ力を養い、その結果を共同発表しています。

また、地球温暖化は深刻な問題として、今を生きる私たちの責任と捉え、全棟の空調設備の温度調整と10%の節電を目標に進めています。これは緑豊かな周りの環境だからこそ行える賜物です。図書館では、グリーンカーテンで夏の省エネ対策を実施して、その効果を上げています。現在では、LED照明導入の省エネ効果とソーラーエネルギー導入を試算しています。

シスターがゴーヤを育てています。緑が目にもやさしく、光が心地よいです。1学年分の机とイスがあり、ゆったりと読書することができます。

校内案内図

各施設のご紹介

聖堂
スギ材・ヒノキ材をふんだんに使用した数寄屋造りの建物の聖堂です。木の温もりに包まれた中で、神様の愛を深く感じ取れます。
講堂
式典や合同の朝礼、全校ミサなどを行う場所です。各種講演やクリスマスタブロ(聖劇)などの行事もこちらで行います。
講堂横広場
いつも生徒たちで賑わっている場所です。ここでは、先生に相談をしたり、友達同士で楽しくおしゃべりをしたり、部活のミーティングなどが行われます。
マリアホール(文化・体育施設)
聖園が持つ自慢の文化・体育施設です。体育館はバスケットボールの公式戦で使われるコートを2面取ることができる広さとなっております。また、体育館の他にPC教室が備えられており、放課後などに生徒たちが自習や調べ物ができるような環境となっております。
高校棟
高校の各学級教室の他に、調理室、多目的教室、化学室、自習室などがあります。高校棟はハナミズキに囲まれており、その花言葉のように穏やかの心を育む環境となっております。
中学棟
中学の各学級教室の他に、多目的教室や美術室、リフレッシュルームなどがあります。天気が良いと富士山や江ノ島が見え、春になると校舎が桜の花に包まれます。
管理棟
理事長室を始め、校長室、職員室、会議室、面談室、事務室など学校の中枢部が集まった、学校の核となる建物です。
保険棟
ツツジの木々に囲まれた静かな建物の中には、静養のためのベッドが整えられております。このたび、新たに相談室などが設けられ、より一層生徒たちとふれあう環境が整いました。
図書館
蔵書数約4万6千冊の他、貴重な書物も揃えています。また、自習の場としても活用することができます。夏になるとグリーンカーテンにより心地よい空間となっております。
東棟
理科実験室、家庭科室、茶道部の活動拠点となっている作法室、学年全体の人数を収容できる視聴覚教室、その他各部活動の部室などがあります。
東棟視聴覚教室
学年全体の人数を収容できる視聴覚教室は、行事や学年のお話など全体で行う講義の際、利用しやすいよう階段教室となっております。
芸術棟
書道室と音楽室があります。芸術棟前を通ると、音楽室からピアノの音色や、のびやかな歌声が響きわたっているのが聞こえてきます。
テニスコート
人工芝に砂をまいたコートです。公式戦のコートを3面取ることができる広さとなっております。試合のために他校の生徒さんもたくさん来校され、活気があふれる場所となっております。
グラウンド
1周200mのトラックがあり、体育の授業や球技大会で使用します。放課後や休日には、部活動に励む生徒の姿を見ることができます。
弓道場
9人立ちの本格的な弓道場があります。道場の中には真剣な眼差しで的に向かう凛とした雰囲気が漂います。
ルルドの聖母像
ルルドの聖母マリア像が登下校する聖園生をいつも温かく見守ってくださっています。春には新緑に包まれ、秋になると、紅葉したイロハモミジに彩られる、心落ち着く空間となっております。
学院について
このページのトップへ
個人情報保護方針 サイトマップ
聖園女学院中学校・高等学校
〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1-4 TEL:0466-81-3333