聖園女学院中・高等学校

各教科の取り組み

“ Innovation for others ”他者のために、他者とともに、自分を豊かに育みながら。

最新の学びと進路を見る

学習目標

すべての教科の学習を通して、まず基礎学力を十分身につけます。その知識をさらに発展させ、考えを深め、物事の意味を正確にとらえられる心の眼を養います。個人のそれぞれの「学び」から、常に変わらない真理を探し求め、人間としての“ 総合力“を育てます。すべての教科は、これらの種となります。それは必ず芽を出し、根を広げ、豊かに育っていくことでしょう。誠実に、まごころを込めて励み、まわりの人々に生きる喜びを与えられる聖園生になりましょう。

国語科

国語教育を通して、生徒の“魂と魂の対話”を実践し、真摯に人生の普遍的命題に心の目を向ける生徒の育成をめざします。中学では「作文・読書」、「口語文法」の時間に加え、高校授業への先取り学習として「文語文法」にも取り組みます。高校では中学の学力を基に、さらに思考力・読解力・表現力を充実させるためにさまざまな機会を設けます。歌舞伎などの古典鑑賞、大学入試問題の演習、また個人・全体への小論文指導などを含め、個人の進路希望に合った教育を行います。

社会科(中学)/地理歴史・公民科(高校)

聖園女学院で学ぶ六年間、この教科では、「人間」とは何か、「社会」とは何かについて、生徒の皆さんが知識を広げ、深い理解を得られることを、学習の目標としています。中学生は、基礎知識を学びますので、自分の知識を豊かにし、興味や関心が広がっていく楽しさを経験してください。高校生は、大学受験をひとつの目標として、専門的な知識を深め、「人間」「社会」への理解力・判断力を身につけてください。

数学科

中学では、数の概念について理解を深め、文字を使用することで抽象的に数量の関係や法則を理解し、処理できるようにします。また、身の回りの事柄を観察したり、実験を通して論理的な考察へと深めます。これらの事を通して基礎学力の充実を図り、さらに高校分野の先取りを進めます。
 高校では、2年生まで必修授業を設定し、幅広い進路に対応できるようにします。
 問題を解決しようとする意欲や、なぜなのかと考える態度を大切に授業を展開します。

理科

自然界の仕組みを理解し、科学的探究心を持って生き方を考えることができる人の育成を目指しています。原則週1回の実験や観察などの実習授業をティーム・ティーチングで実施し、きめ細かい指導のもと、生徒一人一人の知的好奇心や学習意欲を高めることによって、学力の向上を目指します。
また、中学では各学年、年に一度理科「校外学習」を実施します。山や海などのフィールドに出て自然を実体験し、生命の多様性、自然との関わりの大切さや素晴らしさを学ぶことによって、正しい自然環境への理解を目指します。

英語科

グローバルな視野に立った、高い志を持つ生徒を育てていくことを目標としております。中学では少人数授業によるきめ細やかな指導の下、基礎力の充実と、英語圏の文化、生活に基づいた実用英語が習得できるカリキュラムをとっています。高校では週3時間ネイティブ教員によるコミュニケーションとリーディングの授業が実施されています。高校2、3年では各自の進路に合わせた受験指導も行っています。中高ともに、自主的に原書を読んだり、英検の勉強ができる環境を提供しています。中3では英検3級以上、高2では英検準2級以上を全員受験します。

宗教科

<聖書のメッセージ>と<毎日の生活>とのかかわりを理解し、体験する中で人への思いやりをもって生き、自らも喜びを感じる心を育てていきます。学年が進むにつれ、自分の周辺、世界へと視野を広げ、考えを深めていきます。自分のしっかりした考えや目を培い、福音の価値観で善悪の区別ができ、性といのち、真の愛、平和を祈りのうちに大切にして、さまざまな問題に取り組むことができるようになり、好ましい生き方を選び取れる人に成長していくことを目指します。

保健体育科

健康とは何か?健康を維持していくためには何をすればよいのか?自分の身体はどうなっているのか?今の自分たちの心は?など保健の授業を通して考え、そこから、体育の授業で実践します。一生の中で心も、身体も一番発達するこの時期に、自分の身体を知り、運動をすることで健康の基礎を作りこれからの人生を喜びのあるものとすることを目標にします。

音楽科・美術科(中学)/芸術科(高校)

各科において、表現と鑑賞の活動を通して、芸術諸分野の本質の理解へいざないます。音楽科では、聖歌や宗教合唱曲を学び、カトリック校ならではの音楽の特色に触れ、ミサやクリスマスタブロでその楽しさや感動を味わうことを大切にしていきます。美術科では、主題と方法を適切に組み合わせることを意識しながら作品制作に取り組みます。又日本と西欧の美術を理解するための予備知識を学びます。書道科では、書の伝統について理解を深め、書の文化を愛好する心情を豊かにし、個性的な表現と鑑賞を実践します。

家庭科

「家庭科」は「今を生きる力」「生活力を養う」教科です。
衣・食・住・情報・消費生活・経済・保育・福祉・生活環境・人の一生と家族・など広範囲な生活を営む上で必要な基礎的知識と技術を身につけていきます。教科の勉強が生活に活かされる実践的な学びでもあります。その積み重ねによって、生活者として自立する力を育てます。
中高の学びを通して、自分自身から自分の周りの人へと視点を広げていきます。社会の一員として、人とかかわる力を養い、家族、周囲の人の健康や生活の充実・向上を目指します。その土台には、人を大切にする精神があります。

情報科

情報のデジタル化の仕組みや情報機器の機能、情報通信ネットワークの仕組みや情報通信の方法などの理解を基に、コンピュータや情報通信ネットワークを活用して、効果的な情報の表現やコミュニケーションを行うための基礎的な知識と技能を習得させます。また、情報の収集・整理・発信について、個人の責任、情報システムの特性、情報化の進展が社会に及ぼす光と影を理解させ、情報社会に参画する態度を育成します。

学び
このページのトップへ
個人情報保護方針 サイトマップ
聖園女学院中学校・高等学校
〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1-4 TEL:0466-81-3333