聖園だより|聖園女学院中学校・高等学校

聖園女学院中・高等学校

聖園だより

これからのイベント・説明会について

ごきげんよう。
本格的な寒さがやってまいりましたが、いかがお過ごしですか?
本日は12月から1月にかけてのイベント・説明会について、お知らせいたします。

★クリスマスキャロル★
 日時:12月21日(金)14時~15時30分 ※開場13時30分
 場所:藤沢市民会館
 内容:中1生~高3生まで、
    学年ごとにクリスマスに
    ちなんだ合唱曲を披露します。
    聖書朗読やハンドベルの演奏も
    ございます。予約不要です。
キャロル.JPG

★クリスマスタブロ★
 日時:12月22日(土)14時~15時30分 ※開場13時30分
 場所:本学院講堂
   (受付はマリアホールラウンジ)
 内容:舞台を絵画に見立てて行う聖劇
    です。
    中1生も合唱で参加します。
    ご予約はこちら
タブロエンディング2.JPG

【NEW!】
★6年生対象 はじめての聖園女学院★

 日時:2019年1月15日(火)
    9時30分~11時
 場所:本学院
 内容:はじめて来校なさる方、はじめて
    校内で聖園の説明をお聞きになる
    方を対象に、学校紹介と入試の
    説明、そして簡単な授業見学に
    ご案内いたします。
    ご予約はこちら
   (予約は12月20日9時から)

DSC00743.JPG
 限定5組の小さな説明会です。
 お気軽にご質問ください!
(11月・12月に実施の
「はじめての聖園女学院」と同内容です)   

★6年生対象 総合力説明会★

 日時:2019年1月18日(金)
    9時15分~9時50分
 場所:本学院講堂
 内容:サンプル問題を使いながら、
    2019年度総合力入試について
    詳しく説明いたします。
    同日10時からの
   「授業見学会」前に実施します。
(授業見学会にお申し込みの方は予約不要です)
DSC06415.JPG
11月・12月に実施の「総合力説明会」と同内容です。

★6年生対象 授業見学会★
 日時:2019年1月18日(金)
    10時~11時30分
 受付:本学院講堂
 内容:授業の様子はもちろん、
    休み時間に聖園生が
    元気いっぱいに過ごす姿を
    ご覧いただけます。
 ご予約はこちら
(予約は12月22日9時から)
DSC00638.JPG
DSC00631.JPG

最終学校説明会を開催しました

ごきげんよう!
12月1日(土)に最終学校説明会を開催しました。
気持ちの良い青空の下、聖園生が元気よくおもてなしの心でお迎えいたしました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

ハンドベル.jpeg
オープニングは聖歌隊によるハンドベル演奏です。
心をこめてクリスマスの名曲「O Holy Night」をお届けしました。
《参加者の感想抜粋》
・ハンドベルの演奏がとても素敵で、きっと受験勉強の追い込みで疲れている受験生やそれを支える保護者の心にしみるだろうなと(自分も含めて)思いました。演奏中の生徒達の表情もとてもステキでした。

プレゼン.jpg
在校生が体験を交えながら、聖園の生活についてプレゼンテーションを行いました。
『聖園は想像以上の自分に出会える学校です!』

司会.jpeg
司会進行の生徒による「先生紹介」はいつも好評です!

校長先生.jpeg
学校長より「なぜ宗教や英語を学ぶのか」を軸に、聖園の教育理念についてお話しいたしました。

説明.JPG
進路指導・入試問題の出題傾向、そして出願手続きから繰り上げ合格までの流れを具体的にお話しいたしました。

面接シミュレーション.jpg
中1生と教員による面接シミュレーションをご覧いただきました。
《参加者の感想抜粋》
・面接は親子共に心配しておりましたので、シミュレーションを見て安心しました。
・シミュレーションを見て、先生方の声かけに安心できました。生徒と先生との良い関係性も見ることができ、参加して良かったです。

《小学生対象体験プログラム》
★羊毛フェルトでチクチク!!ストラップ作り!
羊毛フェルト.jpeg

★ペーパークイリングでクリスマスの
 かざりを作ろう!
ペーパー.jpeg

★クリスマスキャンドルを作ろう!
キャンドル.jpeg

説明会終了後、「英語入試勉強会」と「総合力説明会」を実施いたしました。
12月にはクリスマス行事、1月にも授業見学会や初めての方対象の説明会がございます。ぜひご参加ください。
入試関連行事はこちら








































英語ACE (Advanced Class of English)クラスについて

聖園女学院中学校の英語教育についてのお知らせです。

現在、中学生の英語教育は、ネイティブ教員による英会話の授業を分級(クラスの半分の人数)で実施し、通常授業は原則各クラス一斉授業で展開しています。

近年の英語先取り教育や帰国生の増加に伴い、生徒一人ひとりのミッションへの環境を充実させる取り組みの一環として、2017年度入学者(72回生)から、希望者で本学院が実施する試験にパスした方は、ネイティブ教員によるAll in English (上級レベル)の授業が受講できるようになっています。

週6時間の授業のうち、4時間はACEクラスにて、ネイティブによる、常にスピーキングしながら展開される授業の受講はもちろん、CEFR A2~B2レベルの長文読解(論説、物語、小説など)、語彙力、ライティング(自由英作文、要約など)を実施し、2時間は、通常クラスにて、日本人教員による、徹底した文法指導を受講し、反復演習にてアウトプットし、読む、聞く、書く、話す技能すべての土台となる基礎力を養成します。

ACEクラスへの参加目安は、CEFR A2以上、またはそれに準ずる力がある方を対象としています。

ぜひ、本校の英語教育にて、現在すでにもっている高い語学力に磨きをかけ、世界に通用する英語力をつけていきましょう。

生徒の声

 「その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。」(ルカによる福音書2章8節)

 毎年12月24日の夕方で祝われるカトリック教会の「夜半のミサ」は、イエスが生まれたその夜のことを記念する祭典である。実際に参加できた人は極めて少なかったが、この最初のクリスマスは野外で、天使の合唱団も登場する豪華なイベントだったに違いない。残念ながら当時の録音も楽譜も残っていないが、突然こんな素晴らしいパフォーマンスを目撃した羊飼い達は、模範的な反応を示した。今はミサ典礼の一部となっている"Gloria"(「栄光の賛歌」)、「天のいと高き所には神に栄光」という曲の素晴らしい演奏を聞いて、「世の光」が地上に現れた(花火大会のような光景?)を観賞できた羊飼い達は(拍手でアンコールを要求しないで)直ぐに動き出して、貧しい馬小屋で寝ていた幼子イエスを探し当てた。

K21-1.jpgK21-2.jpg

(大天使が掲げている字幕スーパーを見ながら羊飼い達の前で"Gloria"、「天のいと高き所には神に栄光」を歌っている幼い天使達。)

 素晴らしい感動させる演奏会であっても、聞いて満足した聴衆は家へ帰るのは普通であろうが、天使達が披露した心に響く歌の目的は、自分が何を求めて生きているかと聞いている人に気づかせることであった。

 聖園女学院の聖歌隊の定番である"Panis Angelicus"(「天使のパン」」は同じようなメッセージを伝えている- 天使達のGloria、そして聖歌隊のPanis Angelicus -は我々人間にとって美味しい話である。何故かというと、神の栄光は人類に平和をもたらす恵み、天使のパンは一人ひとりの心を養う恵みそのものだからである。

 12月の21日・22日に予定されているクリスマスキャロルとタブローは天使達のメッセージを生徒の声を通して忠実に伝える場になると私は確信している。演奏を聴きに来られた方々は心が「満福」になり、家へ帰る途中でも頂いた恵みが自分に何を求めているかに気づくことを祈っている。

Panis Angelicus.mp3 (2018聖歌隊聖園祭公演 Panis Angelicus 音声)

花火

 キリスト教の聖典である聖書は「天地創造物語」で始まるが、「神は宇宙万物をどのように創造したか。」の説明には二つのバージョンがある。テキストとして古い方(創世記2章4節以降)において「地と天」を造った後、神は先ず「土の塵」から人を形づくり、そしてその次に人の生活を支える環境を整えた。もっと新しいバージョン(創世記1章1節以降)において自然環境が完成してから、神は最後に人間を「自分にかたどって創造した。」のである。

 存在する全てのものの起源と意味について(自然科学と全く違う観点から)語る聖書なので創造の順番は問題にはならないが、大分前から1つの箇所(1章の3節)を不思議に思っている。

『神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。』

K20-1.jpg

 見ている人が誰もいなければ、光の輝きはあり得るのであろうか。我々人間の世界を例にして言えば、時間とお金をかけて準備した花火は誰も見ていなければ、その輝かしい景色は存在するのであろうか。(「もし森で木が倒れて、周辺にそれを聞いた人が存在しなかったら、音は鳴るだろうか?」- "If a tree falls in a forest and no one is around to hear it, does it make a sound?"という、哲学と自然科学の領域をまたがる有名な謎に通ずるところがある。)

 私の勝手な(聖書に根拠のない)推測であるが、最初の光に拍手を送ったのは、神の創造の業を注意深く見守っていた天使だったではないか。(「隻手音声」ではなく、両手を使っての拍手であった。)花火であろうか、神の素晴らしい光であろうか、やはり一人で見てもあまり面白くない。仲間と一緒に感動して、食べたり飲んだりしているからこそ、私達の心を明るくする輝きになる。

K20-2.jpgK20-3.jpg見ている人を圧倒させる大きな打ち上げ花火もあれば、静かに手で持たなければ落ちてしまう線香花火もある。どちらも一瞬で消えてしまう光ではあるが、目に見えなくなっても、私達の心に残っている光をバネにして、世の中をもう少し明るい場にできれば、と思っている。

12月22日(土) クリスマスタブロ 予約受付中です

ごきげんよう。
今年度のクリスマス行事についてお知らせいたします。

◆クリスマスキャロル【予約不要】
 日時:12月21日(金)14時~15時30分 ※開場13時30分
 場所:藤沢市民会館
 内容:中1生~高3生まで、学年ごとにクリスマスに
    ちなんだ合唱曲を披露します。聖書朗読や
    ハンドベルの演奏もございます。
キャロル.JPG

◆クリスマスタブロ【要予約】
 日時:12月22日(土)14時~15時30分 ※開場13時30分
 場所:本学院講堂
 内容:舞台を絵画に見立てて行う聖劇です。
    中1生も合唱で参加します。
タブロエンディング2.JPG
受験生のみなさまは、以下の方法でご予約ください。
電話:0466-81-3333(平日9時~17時)
ホームページでのご予約はこちら

過去の入試結果について

ごきげんよう。
この度ホームページに2017年度以前の
入試結果を掲載いたしました。
2015年度~2017年度分がそれぞれ
PDFファイルにてご確認いただけます。
過去の入試問題と合わせてご活用ください。
過去の入試結果はこちら

《過去の入試問題について》
・2015年度と2016年度分は本学院事務室
 にて販売しております。
・2017年度と2018年度分はホームページ上
 で公開しております。
 2017年度と2018年度の入試問題はこちら

【再掲載】「はじめての聖園女学院」 予約受付中です

ごきげんよう。
11月19日(月)と12月5日(水)に「はじめての聖園女学院」
という、初めての方向けの小さな説明会を行います。

《このような方におすすめです!》
 最近になってはじめて聖園女学院を知ったという方
 外部イベントのブース相談のみ参加したことがあるという方
 過去問題集の購入に来校したことはあるけれど、学校の説明を
  ゆっくり聞いたことがないという方

当日は学校紹介と2019年度入試の説明、そして簡単な
授業見学にご案内いたします。
和やかな雰囲気の会ですので、ぜひいらしてください。
ご予約はこちら

※対象学年は6年生です。
※各回9時30分開始・11時終了、どちらも同内容です。

【お詫び】過去問題模範解答について

ごきげんよう。
本校ホームページに掲載しておりました「2018年度国語一次」と
「2018年度国語二次」の模範解答において、一部誤りがございました。
お詫びして訂正いたします。なお、採点は正しい模範解答を元に実施
しておりますので、合否に影響はございません。修正したものを
ホームページに更新いたしましたので、ご活用ください。
修正後の模範解答はこちら

【一次】大問三の問九
訂正前「~複雑なつながりを持っていること。」
訂正後「~複雑なつながりを持っていること。」

【二次】大問三の問三
訂正前「~初めて富士山に登ってごみを見たから。」
訂正後「~初めて夏の富士山に登ってごみを見たから。」

卒業生座談会が掲載されました

ごきげんよう!
「YOMIURI ONLINE 中学受験サポート」に
聖園の卒業生の座談会記事が掲載されました。
ぜひご覧ください。

YOMIURI ONLINE 中学受験サポート
卒業生が語る「心の成長を応援してくれる温かい学校」...聖園 はこちら



カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
このページのトップへ
個人情報保護方針 サイトマップ
聖園女学院中学校・高等学校
〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1-4 TEL:0466-81-3333