聖園だより|聖園女学院中学校・高等学校

聖園女学院中・高等学校

聖園だより

地域社会への貢献

 神奈川県野生生物保護モデル校として、地域社会との自然環境教育活動に美化委員会が中心となり、地域参加型の活動を目指しております。

地域社会への貢献.png

[生徒の声]

 まだ、始めたばかりの小さな活動ですが、美化委員会として野鳥の巣箱と餌台づくりやペットボトルキャップ集めをしてまいりました。人と人の繋がり、地域社会との繋がりを大切に優しい温かな心を持って、これからも努力してまいります。

 ご賛同下さる地域の方で、本校の活動にご協力いただける方のご連絡をお待ち申し上げます。

 尚、この活動には善行公民館のご指導もいただきながら実施してまいります。

連絡先:聖園女学院 0466-81-3333

善行公民館 0466-90-0097

8月3日(金)帰国生説明会 予約受付中です

ごきげんよう。
8月3日(金)9時30分~11時30分に、帰国生説明会を行います。
2019年度帰国生入試の募集要項をお配りし、日程や試験内容に
ついてお話させていただきます。
お子様にはロザリオ作りの体験をご用意しています。
ぜひご参加ください。

ご予約はこちら

DSCF3290.JPG

好きな色のビーズを選んで
聖園生といっしょに
ロザリオをつくってみませんか?

6月22日(金)授業見学会と質問会の予約受付中です

ごきげんよう!
6月22日(金)10時~11時30分に授業見学会を行います。
実際の授業はもちろん、休み時間の生徒の様子もご覧いただけます。
見学後、ご希望の方対象に「何でも相談会」もございます。
ぜひご参加ください。

ご予約はこちら

梅雨の代名詞!

◎「梅雨」と言えば「アジサイ」です。

IMG_11163.jpgIMG_11166.jpgIMG_11162.jpg◎「ネム」の木もこの季節の定番です。(中学棟前)

IMG_11175.jpg◎緑が鮮やかに映ります。(ルルドのお庭)

IMG_9168.jpg

英語リスニング音声が試聴できるようになりました

ごきげんよう!
2018年度帰国生入試A(英語)のリスニング音声と
2018年度一般入試(英語)サンプル問題のリスニング音声が
ホームページで試聴できるようになりました。

聖園の英語試験の準備に、ぜひ役立ててください。


恵み

 色々なことで悩んで愚痴をこぼす時に言われる言葉がある:

"count your blessings"

 悪いことにだけ目を奪われず、神がくださる多くの恵みを数えよという、多少お叱りが含まれている励ましの言葉である。神の恵みは果たしてそう簡単に数えることが出来るものかという疑問はあるが、自分が置かれている状況を別の観点から見直す助言としてはそれなりの説得力があろう。

K15-1.jpg このような観点でものを捉えると、職員室に置いてある大きな字で「恵み」と書いてある石に圧倒されそうな小さなペンギンの小物もある。本物の恵みであれば、これは我々人間が把握できる範囲を遙かに超えているだけでなく、その形も色々ある。 

K15-2.jpg

 

 一歩前に出ろと、優しく肩を叩くような励ましもあれば、これより先に行ってはいけないと告げる障害物もある。そして場合によっては多くの仲間を無視して、全く違う自分を相応しい方向に導く頑固さにもなる。なお、どちらにしても、この恵みの全ては人間と神を結ぶ紐付きのプレゼントであることを忘れてはならない。 

K15-3.jpg 梅雨の鬱陶しい曇り空から降ってくるものは間違いなく恵みの雨であるということは蛙にとって常識であるが、ペンギンも納得するためにある程度の工夫(例えば語り合うときにちょっとだけ美味しいものをさしあげること)は必要である。色々なサイズと形で降ってくる数え切れない恵みを見逃さないで神の配慮に気付く事は、幸せな人生を送る秘訣かもしれない。

2018 お父様の聖書研究会 6/9

 イエズス会・三浦 功神父様にご指導をいただく「お父様の聖書研究会」を今年度も月に1回の割合で実施しています。土曜日の午後2時、毎回20名を超えるお父様方にお集まりいただいております。

IMG_0134.jpg

 今年度のテーマは「心が安らぐために」です。第2回目の今日は「マルコによる福音書12・28~31」の「最も重要な掟」である2つの掟『あなたの神である主を愛せよ』、『隣人をあなた自身のように愛せよ』などいくつかのお教えをいただきました。

IMG_0135.jpg

 今日の神父様の教えを胸にお父様方は、ご家庭に戻られてから或いは来週からの職場で「愛の実践」とは何であるのかを考え、そして実行し、また次回に集われるのだろうと思います。次回は7月28日(土)聖園女学院聖堂多目的です。皆さんとまたお会いし、神父様を囲んで聖書のみ言葉についてともに考える、そのようなひとときを過ごせる喜びを楽しみにお待ち申し上げております。猛暑の中、くれぐれもお身体を大切になさってください。

IMG_0138-thumb-600xauto-1681.jpg 最後に連絡です。次回(7/28)の前に、来月7月7日(土)、8日(日)は例年通り鎌倉十二所の「黙想の家」で「聖書合宿」がございます。指導司祭はイエズス会広島修道院の塩谷惠策神父様です。合宿での「わかちあい」も楽しみにしています。お忙しい中とは存じますが、どうぞ、ふるってご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。なお、卒業生のお父様方(名誉会員)は6月20日(木)以降にお電話で受付を致しますので宗教部・小野田までご連絡ください。

球技大会

◎6日(水)午後~8日(金)の日程で中・高球技大会が

 行われました。

◎中学の種目は、ポートボールとサッカーです。

IMG_11001.jpg
IMG_11031.jpg◎高校の種目は、バレーボールとバスケットボールです。

IMG_11171.jpgIMG_11081.jpg◎バレーボール・バスケットボールの優勝チームVS先生チームの     親善試合!

IMG_11291.jpgIMG_11381.jpg◎歓声あり!歌あり!踊りあり!笑いあり!涙あり!の楽しい

2日半でした。

聖園の国際教育が紹介されました

ごきげんよう!
受験情報サイト「中学受験スタディ」で、聖園の国際教育が紹介されました。
ぜひご覧ください。

中学受験スタディ「聖園女学院中学校の特色のある教育 #1」はこちら


1006.jpg

小さき花の園ボランティア 5/30

昨年度9月より鎌倉高校前にございます「社会福祉法人 聖テレジア会 小さき花の園」でボランティア活動に参加させていただいております。活動のきっかけは同所に勤務されている本校卒業生よりご紹介いただいたこと、そして、聖書のみ言葉「あなた方が これらのわたしの兄弟たち しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは わたしにしたのです」(マタイ25-40)を実践したいという生徒の熱い思いでした。

IMG_0059.JPG

今年度は年間計画をたて、年8回(基本的に平日の活動ですので、生徒にとっては学校がお休みの「自宅学習日」をあてています)13名ほどの生徒と引率教諭数名で参加したいと思います。今年度初めての参加は5月30日(水)。当日は創立記念日のため学校がお休みでしたので、下里教頭先生にもご引率いただきボランティア活動に参加致しました。簡単なボール遊びをしたりとみんなで笑いあうことができた貴重な時間でした。

IMG_0036.JPG施設利用者の方々は車イスでの生活です。短い時間ですが、生徒とのふれあいは「貴重な社会体験です。」と施設職員の方々から伺っております。初めて参加の生徒も元気な声で自己紹介をして今後の活動に希望を抱いた様子です。活動後、Classi にてのアンケートに回答を寄せてもらいました。一部ご紹介させていただきます。「コミュニケーションをとることは少し難しい部分もありましたが、笑顔で話しかけたり、手を振ったりすると、笑ってくれたり、手を振り返してくれたりなど表情豊かでこちらが理解をしようとすれば、心を開いてくれるのだと少しでも知る事ができたので良かったです。」「ただの高校生の私が一緒に活動をするだけで、こんなにも楽しそうに喜んでもらえたということに感動しました。ものすごい事をしに行ったわけでもなく一緒に過ごすだけで楽しんで頂けるのなら、もっともっと参加をしたいと思いましたし、中学生のうちに経験したかったと思いました。」「卒業生の方が保育士とおっしゃっていて、保育士は子供とだけ接するイメージがありましたが、こんな仕事もあるんだと学ぶことがができました。」「今回学んだことは、目を見て話すと反応してくれたり、笑ってくれたり、少し心で会話することができる事を実感しました。」などなどです。参加生徒の率直な意見です。わずかな時間で生徒はものすごいスピードで成長します。このような貴重な体験を通じて、改めて相手を思いやる気持ち、他者の目線で動くことの大切さが再確認できたようです。

IMG_0056k.jpg

次回7月の活動日は、11日、20日、23日です。暑い中ですが、何を感じて、何を「自身の財産」とするのか、「天に宝をたくわえる」(マタイ6-20)活動を地道ですが続けていきたいと思います。

カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
このページのトップへ
個人情報保護方針 サイトマップ
聖園女学院中学校・高等学校
〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1-4 TEL:0466-81-3333