縁 - 聖園だより|聖園女学院中学校・高等学校

聖園女学院中・高等学校

聖園だより

 10月17日(土)には「善行雑学大学」が企画した「グリーンハウス物語第21話 - シスターたちが散策したゴルフ場跡地 -」が実施された。布教と学校教育に専念する聖園女学院のシスターたちはゴルフと全く縁のない生活しているであろうが、似たような例は昔からある。たとえばドイツのトリーアでローマ帝国のコンスタンティン皇帝が4世紀の初め頃に建築した講堂(Aula Palatina)は、今は教会として使われている。そして西暦126年にローマの神々を奉る万神殿として建設されたパンテオンはその後、唯一の神を拝む礼拝堂になったのである。考えてみれば、神が創造した1つの宇宙・世界なので、このような転換は決して不思議ではない。

 ところで、神奈川県立体育センター地域内に残っている旧藤沢カントリー倶楽部のクラブハウスについて5月頃南山大学同窓会の方から情報が入った。その設計者は、1964年に完成した南山大学のキャンパスを設計した、前々回の「校長の声」にでも紹介したAntonin Raymondである。この卒業生が曰く、「聖園のすぐ近くにもまたRaymondの建物があるのは本当に不思議な縁ですね。」ちなみに、南山大学に隣接する神言神学院もRaymondの設計である。

 グリーンハウスに興味がある方々が聖園をも見学することになったのは本当に喜ばしいことである。ここに言うまでもなく、聖園女学院と南山学園を繋ぐ縁は、Antonin Raymondが設計した建物よりはるかに深い。宣教修道会である神言会の総長によって日本に派遣されたライネルス師が、聖心の布教姉妹会そして南山学園を創立したことは2つの学校法人の合併に至った縁ではあるが、ここには大きな力が働いている違いない。   -場所、建物、人が多様に変化する世界の出来事を繋ぐ縁の裏には私達を見守ってくださる神の摂理がある- という信念は聖園女学院、そして南山学園の教育を創立以来支えてきた。何故かというと(ある歌の言葉を借りて)、神は全世界をその御手にもっているからである。 -"He's got the whole world in his hands"-

5-1.jpg

1枚目:Aula Palatina(ドイツ・トリーア) 外観

5-2.jpg

2枚目:Aula Palatina(ドイツ・トリーア) 内部

5-3.jpg

3枚目:パンテオン(ローマ)

5-4.jpg

4枚目:グリーンハウス(藤沢市善行)

5-5.jpg

5枚目:南山大学キャンパス(名古屋)・春

5-6.jpg

6枚目:南山大学キャンパス(名古屋)・冬

5-7.jpg7枚目:神言神学院のチャペル内

カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
このページのトップへ
個人情報保護方針 サイトマップ
聖園女学院中学校・高等学校
〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1-4 TEL:0466-81-3333