卒業生メッセージ

聖園には、「他者のために貢献する精神」を活かして社会へ羽ばたいた卒業生がたくさんいます。聖園を巣立ち、巡り合った現在の仕事について、また6年間を過ごした聖園の魅力について、語っていただきました。
彼女たちの言葉から、聖園女学院が大切にしていることが見えてきます。

「信念・精励・温順」を
心の拠りどころとして

29回生(1980年卒) 根岸茂登美 さん
藤沢タクシー株式会社代表取締役、看護学博士、保健師
東海大学健康科学部卒業、国際医療福祉大学大学院修了

聖園を卒業して、40年以上の歳月が流れました。私は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校の14年間を聖園で過ごしました。病気の祖母の看護がしたいと思い、高校卒業後、短大の看護学科へ進学しました。看護師として臨床で経験を積んだ後、看護学校の教員になりました。その後、大学の看護学部へ編入、大学院修士課程、博士課程へと進学し、看護学の研究に勤しんでまいりました。専門分野は老年看護と産業保健です。 途上、家業であるタクシー会社を継ぎました。旅客輸送の安全確保という観点から乗務員の健康の保持・増進は、重要な課題です。そこで、自分自身の経歴を活かし、産業保健師として社員の健康づくりや健康管理に力を注いでおります。現在も経営の傍ら、看護大学や看護学校で教鞭を執っています。 聖園の校訓である「信念・精励・温順」を心の拠りどころとして、大切にしています。進むべき道に迷う時、責務の重さに耐えかねる時、人間関係に悩む時、この校訓が一歩、また一歩と前を照らし、勇気を与えてくれます。困難に立ち向かう時、校訓が浮かびます。長い年月をかけて育んできた聖園の精神は、私の中に息づいています。自然豊かな学び舎で、キリストの愛に包まれ、シスターや先生方のお導きに支えられた日々は私の人生の宝です。

「内面の個性」を磨く貴重な環境

49回生(2000年卒業) H・Tさん
日本大学生物資源科学部 教員
日本大学生物資源科学部卒、同大大学院修了

聖園女学院中学校高等学校を卒業してから随分経ちました。振り返ってみれば、聖園女学院で過ごした6年間はとても貴重なものでした。10代という精神面で最も鍛え上げられ将来を考え始める時期に、生徒がお互いの個性を尊重し合う雰囲気の学院で学べたことはとても有意義だったと感じています。何事にも臆することなく自由な心持ちで過ごせる環境でしたが、他者に対する礼節や生活の指導もしっかりしていただきましたので、誰もが一目で気づく表面上の個性ではなく、内面の個性を磨く良い環境だったのではないかと思います。私は大学卒業後に大学院に進学し、現在は私立大学に教員として勤めています。普段は意識していませんが、この仕事に就く人は個性的な人が多いかもしれません。理科系の学部に勤めていますので、講義・実験・実習・研究活動と忙しい毎日ですが、各地から入学した多様な学生との活動は刺激的です。良くも悪くも情報量の多い昨今ですが、若い方には多様な考えに耳を傾けつつ自分の内なる個性を大切に過ごしていただきたいと考えています。

自分らしく成長できる学び舎

68回生(2019年卒業) T・Tさん
明治大学 英米文学専攻 在籍(4年)

  • 今大学で学んでいる内容や、将来について
    今、大学では英語学、特に統語論という英語の文法構造や規則を扱う学問について学んでいます。将来についてはまだ考え中ですが、海外展開をしている企業で英語を使った仕事をしたいと考えています。
  • 聖園での6年間で一番成長できたところについて
    一番成長できたところは挑戦する力が身についたことだと思います。私は中学3年生の時にニュージーランド留学を経験しました。中学生の頃の私は消極的で自分から行動を起こすことが苦手でしたが、ニュージーランド留学に興味を持ち、自分の意志で留学に挑戦することを決めました。留学中は苦しい時もありましたが、帰国後には英語力はもちろん広い視野が身に付き、自分を変えることができたと思います。
  • あなたにとって聖園とは?聖園の魅力について
    私にとって聖園は陽だまりのような暖かさがあり、安心できる場所です。聖園は先生方がやさしく、そして暖かく見守ってくださるので、心穏やかに過ごすことができます。聖園の魅力は一人一人の個性を大切にしていることだと思います。完璧ではなくてもそのままの自分でよい、そしてありのままの自分が大切なのだと感じることができます。自分を大切に思うことで他の人のことも同じように大事に考えることができると思います。

PAGE
TOP