クリスマス・タブロ - 聖園だより|聖園女学院中学校・高等学校

聖園女学院中・高等学校

聖園だより

クリスマス・タブロ

聖園では6年かけて、祈る心を育んでいます。
祈る心。聖園で大切にしている根っこです。
沈黙の中で、聖歌の中で、主の祈りの中で、日常の中で、
ミサの中で、タブロの中で、祈りを大切にしています。

昨年末に上演されたタブロの一部を、
場面をおって、ご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。

平成25年12月21日(土)14:00~15:40

【救いの預言】
タブロ①.JPG
「私は黙って、ただ、神様だけを待ち望みます。」

【お告げ】 
タブロ②.JPG
「おめでとう。恵みに満ちた方。主はあなたと共におい
でになります。あなたは女の中で祝福された方です。」
「私は主のはしためです。あなたのおことばのように
なりますように。」

【マリアとヨゼフ】
タブロ③.JPG
"ローマ皇帝アウグストスから、全領土の住民に各自
の登録をせよ、と命じる詔勅がでた。ヨゼフとマリアは
登録をするために、ガリラヤのナザレの村からユダヤ
のダビデの町ベツレヘムに向かった。"

【天使と羊飼い】
タブロ④.JPG
天使が近づき、
「恐れることはない。すべての人々のために大きな喜び
の知らせを、私はあなたたちに告げよう。」
と羊飼いたちに主の降誕を伝えた。

タブロ⑤.JPG
「いと高きところには栄光、神にあれ。
      地には平和、御心に適う人にあれ。」

【東方からの博士たち】
タブロ⑥.JPG
イエスがお生まれになったとき、東方の博士たちが
星の上がるのを見て、拝みにきた。
博士たちは、ひれ伏して幼子を拝み、宝箱を開けて、
黄金、乳香、もつ薬を贈り物として捧げた。

【主の降誕】
タブロ⑦.JPG
「神は、独り子をお与えになるほど、この世を愛された。」
                           (ヨハネ3.16)

ごあいさつ
タブロ⑨.JPG
ご来場くださいました皆様の上に、
主の愛と平和の祝福が豊かに注がれますように
お祈りいたしております。


 ~エピローグ~

上演後、ご来場いただいた方々からは、
心あたたまるお言葉をいただきました。

「はじめて来場しましたが、とても綺麗で感動しました。」
「イエス・キリストの誕生のことが、劇で詳しくわかった。」
「落ち着いた雰囲気で味わい深い劇でした。ありがとうございました。」
「知っている賛美歌が多く、楽しかったです。」
「美しい歌声と音楽、朗読が、心から、すばらしいと感じました。」
「拍手してはいけないとはわかっていても、拍手したくなります。」

聖園の丘は、日々、祈りに満ちあふれています。
ぜひ、聖園の丘に足をお運びください。
12月には、タブロをご覧にお越しください。
みなさまとともに祈り、クリスマスの聖歌を歌うことができたら、
うれしく思います。

 

カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
このページのトップへ
特定商取引法に基づく表示 公益通報 プライバシーポリシー サイトマップ
聖園女学院中学校・高等学校
〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1-4 TEL:0466-81-3333