MISONO's NEWS

高校1年生進路ガイダンス

高校1年生は、
聖園の折り返し地点を過ぎ、ラストスパートに向かう学年です。

これまでの進路考察も、
R-capや夢ナビライブ、山崎直子氏の講演などを経て
まとめに入ります。
まとめた考察が、高校2年生での選択科目の選定や
勉強法の確立につながっていきます。

そのために開かれるのが進路ガイダンスです。

1)K1進路G全体.JPG

 

 

 


 

10年後を見通し、3年後を想定し、その上で、この1年間の
具体的な取り組みを確認します。

2)進路考察.JPG

 

 

 

 



夢や目標はたくさん持つ。
夢や目標をあきらめるのではなく、
コラボレーションさせたり、実現の優先順位を考えたりして、
「今」すべきことを決めていく。
「あとで」かなえられる夢・目標はあとでかなえる。

興味や関心もたくさん持つ。
どれも、これまで人類が積み重ねてきた学問や研究によって
支えられ、広がっている。
夢ナビのプログラムで、日本中の教授や研究者の助けを借りて、
興味・関心と学問・研究をつなげていく。

計画上手になる。
時に「一つひとつ」、時に「同時に」挑戦していく。
時間の量は全員同じ1日24時間なので、時間を増やすのではなく、
時間の質を高めていく練習をしていく。
100分かけていたことを80分でできるようにしていく。
その80分を今度は60分で。そしてさらに、40分でできるようにしていく。

3)計画上手に.JPG

 

 

 

 

 


そのために、今の自分がなににどれくらいの時間をかけているか、
記録上手になる。そして・・・・・・!

聖園の高校1年生は、命の研修に、カナダの研修に、進路の考察にと
時間がいくらあっても足りない1年間。

増やせる時間は増やしつつ、
むしろ、同じ時間でできることを増やしていきましょう。
それは、
短期的には大学受験の時に、
中期的には就職の時に、
長期的には人生全般で土台となるものです。

さあ、高校1年生も、満を持して動き出しました!

平成26年4月22日(火)
進路指導部

最新の記事

PAGE
TOP