MISONO's NEWS

全国新聞スクラップコンテストで「審査員特別賞」

聖園の公民科での学びは、
中学3年生の「公民」で本格的に体系化します。

知的に体系化することに加えて、
現実の社会との接点を増やすことも大切にしています。

横浜地方裁判所の傍聴や税の作文、新聞スクラップなどは
その一環としておこなわれています。

そして、今回、聖園生が
「第20回全国新聞スクラップコンテスト」で
「審査員特別賞」をいただきました。

2)楯.JPG














新聞スクラップは、
毎年、中学3年生で公民の授業の一環として取り組んでいます。
今回受賞した聖園生のテーマは「国際問題」でした。
受賞後のコメントから、次の3点で
興味や関心、そして自信を得たことがわかります。

「現代社会が抱える課題を発見する大切さ」
「継続することで見えてくる真実の背景を捉える重要性」
「課題を自分の言葉で要約し、自分自身の意見を持つ意義」

結果はもちろんのこと、その過程で身につけたことは、
これからの学びにも、将来にも糧となります。

1)新聞SC.JPG


 

 

 








「たくさんの未知の情報を、短期間で、こんなに知ることが
できるのだと分かり、とてもおもしろかったです。これからも
いろいろなことを知っていけたら、と思います。」

聖園生は、それぞれが、輝く個性を持っています。
今回の受賞も、課題を発見し、継続して調べ、
自分の言葉で要約し、意見を持つという取り組みで
発揮された個性です。

本物の個性は、どのジャンル・どの分野でも
何らかの形で発揮されるものです。

「みんな違って、みんな良い」
さあ、聖園生が、「本物の自分」を随所で発揮します。


平成26年4月17日
進路指導部

最新の記事

PAGE
TOP