進路特別講演 山崎直子 宇宙飛行士 「宇宙、人、夢をつなぐ」① - 聖園だより|聖園女学院中学校・高等学校

聖園女学院中・高等学校

聖園だより

進路特別講演 山崎直子 宇宙飛行士 「宇宙、人、夢をつなぐ」①

5月1日(木)の午後。 風、薫る中、聖園の丘に、
山崎直子宇宙飛行士をお招きしました。 

【山崎直子様】告知物用・写真.jpg

 

 

 

 

 

 


進路特別講演「宇宙、人、夢をつなぐ」というテーマで、
山崎直子氏から、聖園生に勇気と希望を与えてくださいました。

 山崎氏+タイトル.JPG

 

 

 

(C) NASA 


宇宙へ行くという大きな夢は、
いくつもの小さな夢を積み重ねて、育んだものです。
そして、宇宙での数々のミッションも、
いくつもの目の前にある小さな課題をコツコツ積み重ねて、
成し遂げられたものなのです。
大きな夢は、目の前にある課題の先にあるものです。
目の前にある課題を大切にできる人が夢に手が届きます。

山崎氏+ソユーズ.JPG

 

 

 

 

 


(C) NASA 

 私の夢やミッションは、
家族や多くの同僚、たくさんの国や企業に支えられたものです。
夢は、すぐにかなうものではなくて、
多くの人の支えや多くの人の意志、自分自身の努力、
そして、
時間が必要なものなのです。
だからこそ、夢や目標というのは、あきらめない価値があるものなのです。

山崎氏・仲間.JPG

 

 

 



(C) NASA 

 宇宙空間でも、宇宙飛行士の訓練でも、世界でも、日本でも、日常でも
共通して大切なのは、 "Trainable"   だと実感しています。
あきらめずに、素直に、常に自分を育んでいけること。
これは、才能とか性格ではなくて、
日々の考え方や練習、繰り返しで誰にでもできることです。

山崎氏+演台右.JPG

 

 

 

 

 

 

 

本当に大切なことや必要なことは、実は、なかなかゴールが見えず、
結果がいつ出るかわからないものが多いものです。
そのようなときに支えとなる言葉として、ニーバーの祈りを、私は大切にしました。

ニーバの言葉のみ.JPG

 

 

 

 

 

この言葉も、はじめて聞いた高校生の時は、
恥ずかしながら、なにも感じなかったのですが、
自分の見識や経験が増えていくにつれて、
涙がこぼれるほど、理解できるようになりました。
今、その時の理解、感情だけで判断するのではなく、
小さな積み重ねの一つとして、
日々の祈りや言葉、経験や知識を大切にしましょう。
必ず、後で、あなたの夢を広げ、あなたの夢を支えてくれます。

山崎氏+地球+スペースシャトル.JPG

 

 

 

 

(C) NASA 

宇宙飛行士になるための訓練でも、宇宙空間でも、
重要なのは、自律と協力とそれを続けようとする意志でした。
この学校の校訓「信念・精励・温順」は、
まさに、この自律と協力とそれを続けようとする意志につながるもので、
正直、驚きました。
また、宇宙では、限られた空間で、何週間も、何ヶ月も、生活します。
プライバシーがあまりないので、訓練していないと、人間関係に困ることがでます。
この学校では、6年間、ほぼ同じメンバーで過ごすと伺いました。
6年間も訓練して身についた、人間関係の構築力は、すごいと思います。
みなさんが卒業して身にまとうものは、
世界中どこにいっても、いや宇宙にいっても通用するものです。

wonderful.JPG

 

 

 

 

 

宇宙も、夢も、異文化も、未来も、すべて " wonder " です。
この世界は、wonderに満ちあふれて ( ful ) います。
この " wonder " が " ful " な、この世界を、ぜひ、楽しんでください。

山崎氏+演台左.JPG

 

 

 

 

 

 


山崎直子さんのお話は、宇宙を題材に、
夢と向き合う人間の基本、夢を叶えた後の人間の基本を教えてくれました。

そして、今回の講演の終わりに、
聖園生たちは、山崎さんと素敵な時間を過ごすチャンスに恵まれます。
それは・・・。(詳細は次の聖園だよりに掲載します)


平成26年5月1日
進路指導部

 

 

カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
このページのトップへ
特定商取引法に基づく表示 公益通報 プライバシーポリシー サイトマップ
聖園女学院中学校・高等学校
〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1-4 TEL:0466-81-3333