卒業生。聖園を語る③ - 聖園だより|聖園女学院中学校・高等学校

聖園女学院中・高等学校

聖園だより

卒業生。聖園を語る③

学習院大学に進学する久嶋さん。

推薦入試を活用して、専門的に文学を極めることができる
大学に進学した久嶋さん。定期試験を3年間休むことがで
きないプレッシャーを乗り越えながら、推薦を突破しました。
その後も、一般受験生並みに勉強を重ね、センター試験
でも、9割を超す結果をたたき出す一方で、一般受験生の
相談にも乗っていました。

聖園を語る③HP.jpg


















― 気のゆるみもなく、すごい持続力ですね。

勉強はきちんとやりきると、自分で決めていたので、受験
 があろうとなかろうと、常にベストを尽くそうと思っていまし
 た。...といっても、毎日毎日、うまくいっていたわけではな
 く、失敗しても、できない日があっても、めげずに、続けて
 いただけですけど(笑)。」

― どのように続けていたのでしょう?

「いろいろ気になって、クヨクヨしてしまう性格なのですが、
 自分に集中して、目の前のことに取り組む練習をしまし
 た。最初はうまくいかず、英語の勉強していても、「あっ
 古文もやらなきゃ」とか、数学の勉強をしていても、「あっ
 あの子に連絡しなきゃ」とか、常に揺れ動いていました
 が、それでも、「今やると決めたこと」に集中する練習
 ずっと続けました。できるようになるまで。やってみてわ
 かったのは、「できない」のではなくて、「やろうとしてい
 なかった」ということです。」

― 聖園で学んだことは?

勉強で得られる大切なことと挨拶や礼儀です。勉強の
 意味は、聖園のすごい先生方に教わったことときちん
 とがんばる仲間に恵まれたことで、本当によくわかり
 ました。自分ががんばれたのも、周囲の支えがあった
 からだし、私も周囲に必要とされていることがわかって、
 モチベーションが上がりました。」

「勉強で得られることは、一言で言えば、教養や自己管理
 なのでしょうけど、やっぱり、人生につながる部分がたく
 さんあります。部活と両立しながら、勉強をきちんとして
 本当に良かったと思っています。塾よりも聖園の授業
 のほうがすっごい楽しかった。」

「挨拶や礼儀は、世界中で通用すると思います。形や
 言葉はもちろんのこと、気持ちというか、心の持ち方が。
 これも、ずっと続けてよかった。挨拶や礼儀は、いわゆ
 る、"自然"にできてはじめて相手に伝わるものです。
 自然にできて、はじめて世界でも通用すると思います。」

― 後輩たちに一言お願いします。

「聖園ですすめられたことは、やってみた方が良いと思い
 ます。勉強も部活も、その場の感情で判断せずに、続け
 てみて!」

良いことを見抜き、それを続けるのが聖園生。
聖園生は、勉強でも部活でも、日常生活でも、
大切なことを自然にできるレベルまでもっていきます。
それは、
その段階こそが、相手に、他者に、世界に通用するからです。


平成27年4月5日
進路指導部

カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
このページのトップへ
特定商取引法に基づく表示 公益通報 プライバシーポリシー サイトマップ
聖園女学院中学校・高等学校
〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1-4 TEL:0466-81-3333