校長の声「3・蛙の引っ越し」 - 聖園だより|聖園女学院中学校・高等学校

聖園女学院中・高等学校

聖園だより

校長の声「3・蛙の引っ越し」

VOX#53_2017-11-15_Mikaeru_01409.jpg

2017年12月28日の「校長の声」で紹介した三匹の蛙の石像はある日突然姿を消した。しばらくの間「どうなったのかな」と不思議に思っていたが、最近、国道の正門から入ってくる生徒と教員を快く歓迎できる場所から管理棟の前に引っ越ししたと分かった。

イエスとカエルオブジェ.jpg

前は石段の上に並んで目立つように大きな口を開いていたが、今はソーシャルディスタンスを保ちながら茂みの下から覗いている。(マスクは付けていないが。)しかし、依然としてそれぞれの個性を生かしながら、競争しないで仲良しの3・蛙の伝統を保っている。

管理棟に引っ越しした理由について色々考えてみた。健康管理が心配なので、保健室に近い場所を選んだのであろうか。それとも聖心(みこころ)への祈りが行われる6月を意識して、優しいイエス様の像の足下に避難したのであろうか。(大雨の時の洪水を心配してもう少し高いところに引っ越ししたことではないと思う。)

正解は?彼らは予告なしに移された。引っ越しするかしないか、いつ引っ越しするか、そしてどこに引っ越しするかの内談も相談も懇談もなかった。石像の蛙なので当然だと言えるが、我々人間にも似たような経験はありうる。

慣れた環境を突然離れて、全く予想できなかった状況に直面したときに私達に求められていることは2つあると思う。1つはこの新しい場で自分と他人を守る対策をとることである。もう一つは変わらない自分の個性を生かしてこの新しい場に少しだけの微笑みをもたらすことである。

『3・蛙』に倣って感染拡大防止を徹底しながら梅雨の間に少し大目にいただく恵の雨を楽しもう。

カテゴリー
最近の記事
アーカイブ
このページのトップへ
特定商取引法に基づく表示 公益通報 プライバシーポリシー サイトマップ
聖園女学院中学校・高等学校
〒251-0873 神奈川県藤沢市みその台1-4 TEL:0466-81-3333